WORK
STORY

WORK STORY

Analyst AKI
新領域にもチャレンジ。
アナリストとして、
さらなる高みへ
アナリスト/AKI 中途入社3年目
沖縄オフィス

あるあるカンジ辞典
サイト制作 レポーティング

あるあるカンジ辞典
サイト制作 レポーティング

的確なタグ設計でアクセス解析の効率化を実現

株式会社リコーの社内限定サイト「あるあるカンジ辞典」制作チームにアナリストとして参加。社員から集めた問題点を創作漢字で表現し可視化することにより、問題を解決したいという意識付けにつながるサイトです。アクセス解析に必要な計測タグの設計と、サイト公開後のレポーティングを担当しました。

WORK FLOW

  • 計測方法の提案

    制作チームから企画の説明を受け、
    取りたい数値に合わせた計測方法を提案する

  • テスト環境で数値が取得できているか確認

    制作チームに修正指示を行う

  • 本番環境リリース後、数値を確認

    速報値をクライアントに報告

  • 解析してクライアントにレポーティング(週次・月次)

このプロジェクトで意識したことは?

アクセス解析に必要な計測タグは、サイト制作時に設置する必要があります。制作の段階から最終的なレポーティングのことを意識して、どういったデータが必要か、効率よく集計するにはどうしたらいいかなどを考えながら計測タグの設計に取り組みました。また複数回サイトの更新があると聞いたので、エンジニアが何度も対応しなくていいようにGoogle Tag Managerでの管理も提案しました。

D2C dotだからこそ実現したポイントは?

アナリストにも裁量が与えられており、こうでなければいけないという形はありません。レポーティングの内容や数値の集計方法など、自分の経験を生かして提案することができました。今回Google Tag Managerを使う提案ができたのも、他案件での経験があったからこそ。自身の経験やスキルから次の案件にも工夫してつなげることができる点は、D2C dotならではの良さだと思います。

WORK STYLE

主な業務内容と得意分野は?

Webサイト、SNSなど…分析業務を幅広く担当

Webサイトのアクセス解析やSNSの分析を担当しています。月次レポートの作成をメインに、キャンペーン実施前に参加者の予測数を出したり、レポーティングに必要な計測タグの設計を提案したり。企画段階から入った時は、プロデューサーとディレクターと一緒に要件定義から考えることもあります。自分の担当領域を限定せず、できることはなんでも対応するスタンスで縁の下の力持ちのような存在を心掛けています。WebサイトとSNSどちらの実績もあるので、横断したキャンペーンの分析が得意です。

職場やチーム環境は?

プロデューサー、ディレクター、エンジニアと連携

私の在籍する沖縄オフィスにはアナリストチームがあり、リーダーを担当しています。私以外の2名はアナリスト未経験で入社したメンバーです。それぞれの強み・弱みを把握してレベル感にあった業務を依頼し仕事を覚えてもらっています。
プロジェクトのチームには様々な職種のメンバーがいますが、特にプロデューサー、ディレクター、エンジニアと密にやり取りをしています。

D2C dotへ入社するまでは?

沖縄県内で分析業務ができる会社を探して

通販サイトのコンサルティングを行う九州の会社に新卒で入社。さまざまな企業のサイト改善を担当するなか、分析して仮説を立て、実行して成果を出すというプロセスに面白さを感じるようになりました。地元の沖縄県で分析の仕事を続けたいと思っていたところ、D2C dotのUXデザイン室の話を聞く機会が。分析を専門に行っている部署があることに魅力を感じ、入社を決めました。

キャリアとしてD2C dotで良かったことは?

沖縄にいながら東京の仕事に携われること

東京オフィスと沖縄オフィスで隔たりなく、同じプロジェクトメンバーとして仕事ができることです。とはいえ実際は距離が離れているので、東京オフィスのメンバーに自分を知ってもらえるようにPR活動したり、チャットでは即レスを心掛けたり、コミュニケーションの取りづらさを感じさせないように工夫していました。アナリストチームの2人にもこのマインドの大切さを伝えているので、意識して取り組んでもらいたいです。

今後、どのように働いていきたい?

アナリスト職を極めながら
人材育成にもチャレンジしたい

WebサイトやSNSの分析スキルをもっと極めて、アナリストとしての仕事を続けていきたいと思っています。最近リリースされたGoogle Analytics 4のように、エンジニアの知識が必要なツールもあるので、さらに勉強して使いこなしていきたいです。また、もともと人に教えることに興味があるので、いずれはWeb分析を学生に教えていけたらと考えています。D2C dotでは仕事をしながら講師をしている人もいるので、ぜひ実現させたいです。

年間の担当案件数、1案件にかかわる時間

毎月5~6件の月次レポートの作成を担当しながら、週に2~3件、突発的に発生したレポートの作成や企画書に記載するデータの対応など、大小さまざまな依頼を受けています。

福利厚生で使っているもの

資格・スキル取得支援制度を活用し、上級ウェブ解析士の資格を取得しました。講座の受講費から参考書の購入、受検料で使用。2020年11月に無事合格することができました。

OTHER WORK STORY

バズるより売上と信頼を

自身の強みをさらに伸ばす

開発もマネジメントも