WORK
STORY

WORK STORY

Producer MAKI
開発だけでなく
マネジメントも
スタート
エンジニア・テクニカルディレクター/
ATSUSHI 中途入社3年目

D2C dotコーポレートサイト
リニューアル

D2C dotコーポレートサイト
リニューアル

D2C dotコーポレートサイトのフルリニューアル。お客様の課題に対して「私たちがどのようなソリューションを提供できるのか」をよりわかりやすく伝えるため、サイト構成とデザインを一新。WORKS(制作実績)やABOUT US(事業内容)などを充実させるとともに、JOIN US(採用情報、福利厚生)やWORK STORY(職種紹介)ページを追加し、メンバーの働き方や担当実績についても紹介するサイトにしました。開発面では新しい手法である「JAMstack」という構成で開発。サーバーサイドエンジニアと連携し、Nuxt.js(Vue.jsフレームワーク) × WordPress REST API(PHP) × AWS の組み合わせで構成しました。

WORK FLOW

  • ディレクターメンバー与件整理/サイト構成を制作

  • 技術選定

    どの技術を使って開発するかを検討

  • 技術検証

    サーバーサイドエンジニアにJAMstackでの開発を提案。
    開発における懸念や課題を洗い出し、解決策を検証。

  • 開発

  • リリース

このプロジェクトで意識したことは?

JAMstackという、案件で用いたことがない開発方法にチャレンジしたことです。開発経験はありませんでしたが、注目されている技術構成のためこのタイミングで開発実績を作り、ゆくゆくはクライアントワークにもつなげることを意識していました。結果、D2C dot開発部の新しいノウハウとして蓄積できたことが大きな収穫です。

D2C dotだからこそ実現したポイントは?

今まで開発経験が無かったにも関わらずJAMstackに迷いなく挑戦できた点です。実績が無い開発手法を案件で行うことはなかなか難しいものですが、今回は自社サイトのリニューアルかつ、プロジェクトメンバー同士のスキルを分かり合っていたからこそ、新しい開発に挑戦することができました。

WORK STYLE

主な業務内容と得意分野は?

専門スキルを研磨し続けるプレイングマネージャー

入社当時こそフロントエンドエンジニアとしての開発業務が主でしたが、現在は、テクニカルディレクターとして要件定義や開発側の進行管理も担当しています。一方で、若手・ベテラン問わずフロントエンドチームのマネジメント業務も任せられる立場になりました。総合的な観点での得意分野は、広い視点で制作に必要なタスクやメンバーの進行状況を見ながら、開発領域に関しては細かく見て開発ができる点です。

職場やチーム環境は?

社歴も年齢も様々。お互いを尊重し合うチーム

私が受け持っているフロントエンドチームは全員中途入社のメンバーです。メンバーの年齢は20代~30代半ばで社歴もバックグラウンドも様々。コードの書き方も人によりますが、D2C dotのやり方に染めるというより、そのコードがお互い納得できるものであれば尊重し、受け入れていくというスタンスです。月に1回のペースで「フロントエンド会」を開き、ざっくばらんに意見交換をする場も設けています。

D2C dotへ入社するまでは?

ディレクションとコーダーからのスタート

新卒でウェブ制作会社に入社しました。1年目はECサイトの運用ディレクターを担当しながら、システム周りのテンプレート制作やLPのコーディングを行っていました。2年目からコーダー1本に専念し約5年間経験を積んできましたが、様々な案件に携わりスキルの幅を広げたいと思いD2C dotに転職しました。

キャリアとしてD2C dotで良かったことは?

メンバーの影響を受けスキルが向上したこと

技術面、マネジメント面それぞれロールモデルと思える人にD2C dotで出会えたことで、エンジニアとしてスキルアップできたことです。在籍しているフロントエンドエンジニアのレベルが高く、追いつけるよう必死に技術を磨きました。加えて、今まであまり使ってこなかった開発環境での実装が増えたり、サーバー周りの知識も必要になったりと知識の幅は確実に広がりました。

今後、どのように働いていきたい?

新しいカタチのプレイングマネージャーを目指して

プレイヤーとしての専門的なスキルアップはもちろんのこと、現在注力しているマネジメント業務においても自分の色を出していきたいと思っています。先輩方のやり方を模範としつつトップダウンではなく、メンバーからのボトムアップでできる環境にし、最適なコミュニケーションが図れるチームビルディングをしていきたいです。

年間の担当案件数、1案件にかかわる時間

案件の規模感によってバラバラですが、年間約20案件を担当しています。要件定義から携わるような案件では半年間継続して携わり続けることもありますし、1週間程度の短期間でLPを制作することもあります。

出社退勤時間

昼前から勤務を開始することが多く、退勤時間は繁忙期と閑散期によりまちまちです。 D2C dotでは裁量労働制で働く場所も自由なため、コロナウイルスの影響で全社在宅勤務が導入される前から、週に1回程度のペースで在宅勤務をしていました。

休日や退勤後の過ごし方

バスケが好きなので、休日はBリーグの試合を観戦しています。その他の時間にはPCを開いて技術ニュースを追ったり、実際に技術を試してみたりもしています。

福利厚生で使っているもの

D2C dot入社後に結婚したので、結婚祝い金を受け取りました。
今後は、自己啓発支援制度を活用してHTML5プロフェッショナル認定試験など資格取得に使ってみたいと思っています。

OTHER WORK STORY